孤独なるもの、クールのブログ

数年ぶりに復帰した元カジュアルプレイヤー(今は違うとは言っていない)のブログ。

多分医者に行くべき

 その根拠の一つ目。微熱が一週間くらい続いている。

 その根拠の二つ目。自分のデッキやネット麻雀が自分に自殺しろと言っている気がしている。

 その根拠の三つ目。この世の全てが自分をイラつかせにかかっていると思っている。

 39

初手に二枚来て欲しくないカードは4積みするな

 というセオリーがあるらしいですが、対戦終了までに一枚でいいから引きたいカードを8枚積んでも引けないことが多々あるゲームでそれはどうなんだろうと思うクールですこんばんは。

 まあその辺りはコンボデッキか否かとかでも大分変わると思うのでどちらにせよ一概には言えないでしょうけど、私は基本的には強いと思って入れてるカードは4枚積んじゃいますね。

 但し除去とかハンデスとかの括りで数える場合はたとえば審問3、囲い3だとかにすることもありますけどね。

 そういえばこの間久しぶりにSkype対戦で「スリヴァー」VS「向こう見ずな実験」をやりました。色々あったけど最終的に2-1で勝利。解説がない?二日くらい前なのであんまり覚えていなくてですね。とりあえず調和スリヴァーが役に立ったことだけは覚えてます。他の部族に対するスリヴァーの数少ない利点ですね。
109706_jp
 勝てたのは嬉しいですが、初陣が組んでから数週間後というのは悲しむべきことな気はします。

クソデッキ紹介part1「黒単」【ヴィンテージ】

 私のデッキ構築熱も一段落して一応現在のデッキが固まってきまして、以前紹介したデッキも形が変わっているものも多々あるということで、今回からは「クソデッキ紹介」としてまた新たに紙束を紹介していこうと。そういう企画でございます。別名としてはネタがないとも言いますね。
13566

 というわけで栄えある第一弾は、以前から何度か話には出ていたヴィンテージのデッキです。ヴィンテージ特有の環境をメタりにメタったデッキですので恐らくレガシーやモダンは愚かスタンダードのデッキにすら負けうるデッキとなっております。ウィニーと呼ぶほどクリーチャーがいなかったので単に「黒単」としました。

 では以下リスト。
 
 デッキ(60)
  土地(19)
   不毛の大地×4
   古えの墳墓×4
   露天鉱床×1
   ヨーグモスの墳墓、アーボーグ×3
   湿地の干潟×2
   汚染された三角州×2
   Bayou×1
   沼×2
  クリーチャー(12)
   死儀礼のシャーマン×4
   闇の腹心×4
   ファイレクシアの破棄者×4
  呪文(29)
   精神的つまずき×4
   暗黒の儀式×4
   思考囲い×4
   精神錯乱×4
   無のロッド×4
   集団的蛮行×2
   漸増爆弾×1
   毒の濁流×1
   吸血の教示者×1
   伝国の玉璽×1
   Demonic Tutor×1
   ヨーグモスの意志×1
   ネクロポーテンス×1
  サイドボード(15)
   納墓×4
   生き埋め×2
   動く死体×4
   Dance of the Dead×2
   妖精の女王、ウーナ×1
   世界喰らいのドラゴン×1
   グリセルブランド×1

 はい。紛うことなきクソデッキですね。基本の動きは暗黒の儀式か古えの墳墓から「無のロッド」を叩きつけることです。白単との差はやはりハンデスでしょう。その代わりにクリーチャーの性能では一歩劣るので除去を一応入れてチューターから持ってこれるようにしてある感じですね。

 そして何よりクソなのはこのサイドボード。アグレッシブサイドボードという奴ですが完全に開き直っております。メインを見て墓地対策をしてくる相手は居ない筈なのできっと刺さるでしょう。ばれてても謎の2択を迫ることはできます。たぶん。

 書いてて「ドレッジに勝てる要素ねぇ」と思いましたが、そこはサイド後に速度勝負で頑張るということで。どうせコントロール系かMUDしかいない前提のデッキなのである程度は諦めましょう。ドレッジ対策にメインにセラピー入れたい気持ちはないでもないけど、そもそもヴィンテージは友人のメンターとしか多分やらないからどうでもいいな!(投げやり)

連絡先
ご連絡は下記メールアドレスまでお願いします。
satokoloveあっとhotmail.co.jp
自己紹介